離乳食

口コミ】ダイソーのお食事エプロン(シリコンビブ)を使ってみた!

記事内に広告が含まれます

娘が離乳食を食べるときに使うお食事エプロンを、ダイソーで購入!

330円だったので、ダイソーの中では少し価格が高めだと思いました。

でも、実際に使ってみたら「本当に330円でこのクオリティ?!」と疑っちゃうくらい、使い勝手が良かった!!

ORI
ORI

コスパ最強でした!!

使ってみて分かった、ダイソー お食事エプロン(シリコンビブ)のメリット・デメリットを紹介していきます☆

ダイソー お食事エプロンのメリット

適度に柔らかい

ダイソーのお食事エプロンをつける娘

適度にやわらかいシリコン素材でできてる!

硬いシリコンビブは、赤ちゃんが嫌がるという話を聞いていたので、使う前は心配でした。

でもダイソーのシリコンビブは適度に柔らかく、娘は全く嫌がらなかったので良かったです♪

ORI
ORI

首の部分を留めたとき、あまり違和感が無さそう!

複数ボタンでサイズ調整が簡単

サイズ調節の穴が6個も付いているから、その時の様子や成長に合わせてサイズ調節しやすい!

お食事エプロンのサイズ調節ボタン
ORI
ORI

厚手の洋服を着ていると緩めにしたかったりするので、調節穴がたくさんあると助かる☆

手入れがラク

食洗機対応のお食事エプロンだから、食洗機に入れてもOK!

シリコンだから、汚れもスルッと落ちて、手洗いする場合もラク!

ちょっとした汚れなら、手口ふきで拭くだけでもかなりキレイになります☆

軽くてコンパクトになるから持ち運びしやすい

折りたたんだときにボタンで留めると、かなりコンパクトになる!

折りたたんだお食事エプロン

軽いし手入れもラクだから、おうち以外の場所にも持ち運んで使いやすい◎

シリコン素材だから劣化しにくい

シリコンでできているエプロンだから、かなりの頻度で使用しても、ほとんど劣化しません!

撥水加工してあるようなエプロンだと、ある程度つかうと、撥水加工の効果が無くなったりします。

赤ちゃんの食事の回数は多いから、劣化を気にせず、何回も繰り返し使いやすいのは良いですよね◎

ORI
ORI

1年以上は使っているけど、まだまだ使える!

使いにくい?ダイソー お食事エプロンのデメリット

柔らかいから形が少し崩れる

柔らかめのシリコンビブなので、形が崩れて、ポケット部分が少し潰れてしまうこともあります。

本格的な手づかみ食べを始めた1歳過ぎまでは、あまりポケットは潰れませんでした。

でも食べる量が増えて、動きが激しくなってきた頃から、ポケットの潰れが気になるようになったんです。

ORI
ORI

ダイソーのシリコンビブが大活躍するのは、スプーンで食べさせる離乳食後期くらいまでだと思います!

食事を手づかみ・スプーン食べするときは、「テマロン」のようなテーブルクロス一体型ベビーエプロンがオススメ☆

テマロンを使って離乳食を食べる娘

シリコンビブのほうが手入れはラクだけど、食べこぼしのキャッチ力が強いのはテーブルクロス一体型ベビーエプロン!

状況に合わせて使い分けましょう!

ORI
ORI

1歳半を過ぎた娘は、ダイソーのシリコンビブを、おやつを食べるときだけ使用しています♪

まとめ

ダイソーで330円で購入した、赤ちゃん用のお食事エプロン(シリコンビブ)を使ってみたのでレビューしました!

ダイソー お食事エプロンのメリット
  • 適度に柔らかい
  • 複数ボタンでサイズ調整が簡単
  • 手入れがラク
  • 軽くてコンパクトになるから持ち運びしやすい
  • シリコン素材だから劣化しにくい

ポケットが少し潰れやすい気がしますが、娘の動きが激しくないうちは、ほとんど気になりませんでした!

手入れがラクで、持ち運びもしやすいシリコンビブなので、

  • お出かけ用
  • 何かあったときの予備(メインのシリコンビブの手入れが間に合わないときなど)

として、とりあえず持っておくのもオススメです!

ダイソーで見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね♪

100均おすすめベビー用品のまとめ記事▼

離乳食の便利グッズまとめ♪▼

宅配冷凍幼児食「もぐっぱ」使ってみたら便利でした!▼